×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方風神録名所紀行 
前編(長野・上高地)



2007年秋。
今度は本当に風神録発売を記念して、
本作の元ネタである長野へ行ってきました。






3連休の前、金曜日。
向こうで、ゆっくりと散策をしたかったため、
仕事完了後に、長野へ直行することに。





我が家の文々。、エイトに乗っていざ長野へ!






ワンポイント痛車。




中央自動車道に乗るまでに、苦労したりしましたがっ!
(3人中2人は方向音痴、1人は天然)






なんとか長野県は松本ICまで辿り着くことが出来ましたとさ。
この強行旅行でまともな宿なんてとれませんので、
↑のようにインターネットカフェにて、晩を明かすことに。






とりあえず夜食代わりに、巷で話題のかっぱ巻きをば。
ちゃんとかっぱ寿司で買ったかっぱ巻きですよ?

かっぱっぱ〜♪かっぱっぱ〜♪に〜とり〜♪




まあ、とりあえず・・・





長野くんだりまで来て、やってることはいつもとおんなじなんですけどねw
時間もそんなに無かったため(←さっさと寝ろ)、
東風1回戦でしたが、なかなか白熱しました。



東2局、いきなり対にチンイツ親マン振り込んで、絶望的な私。
しかしオーラス親を迎えた私は、ノミ手で連荘しツキを上昇。
2000オールで逆転に向けて後一歩まで来ました。
そこで、焼き鳥だった上家が対から上がって私はなんとか逆転トップに。
面白かったですね〜。

なんだかんだで、私の連荘のせいで、半荘やるのと
時間的に変わらなかったのは秘密です・・・。



ということで、土曜・朝。


目的地は↑で張った伏線(?)の通り、
河童橋で有名な、長野の奥地・上高知。
今回の最大の目的は河城にとりの探索です。






河童についての予習だってばっちりですよっ?





もちろん、道中もiPodでこれ聞きながらテンション上げていきました。
ぶっちゃけ辿り着くのに精一杯で、音楽を楽しむ余裕も無かったわけですけどね。。。


上高地は、神降地とも書くそうで、
その名の通り、神々を祀るのに最も相応しい神聖な浄地として、有名です。

現在、上高地は自然保護のためにマイカー規制が敷かれており、
上高地の手前、沢渡でシャトルバスorタクシーに乗り換えるのが一般的です。
私達も例に漏れず、沢渡にて停車。


この時はまだ朝の8時頃だったため、
人もまばらで、混んでいませんでした。




駐車場についた私達は、同族探しに夢中。
つまり本格的な痛車を探したわけですが、一台も見つかりませんでした。残念。
風神録も店頭委託され、その後初の3連休ということで、
同じこと考えてる人たちもいるかな〜と思ってたんですが。(某石切場様とか)




ということで、夫婦で上高地を訪れた一般の方と、
同席で、5人(!)でタクシーにて上高地へ出発。
道中タクシーの運ちゃんから色々聞きました。



今年は紅葉が遅れてて10月後半にならないと、
まともな紅葉は見れないだろうとのこと。
出来れば私達も紅葉の中の上高地を見たかったのですが、
3連休なんて早々ないですし、ここは妥協せざるを得ない。。。


私達は、河童橋のバスターミナルまでは行かず、
南端の大正池から河童橋を通り、明神池を回る、正味5時間コースを選択。
・・・まあまだ若い?から大丈夫でしょう。多分。






大正池から穂高連峰を一枚。写真だとスケールの大きさが伝わらないのが残念。
本当に辺り一面が自然って感じで、すごくいい景色でした・・・。
この日は晴れだったんでさらに問題なし!






畔には人懐っこいみすちーが。これだけ近づいても我関せず。






そして優雅に帰っていく・・・。






大正池を後にし、田代池・河童橋方面へ。
もう、にとりが出てきてもおかしくないくらいの原生林。






伝わりにくいとは思いますが、濁っているわけではなく、
水の透明度が高すぎて、水底の苔とかが見えているのです。






田代池より一枚。ちょびっと紅葉が見られました。






懲りずに穂高連峰。解説付き。
奥穂高岳の標高は、日本で第3位の3190mだそうで。スゲェ。






分かれ道。林間コース(2面)or梓川コース(3面)。
今日は厄神様ではなく、河童を見に来ているので、梓川コースを選択。





・・・しまった、1面をクリアしてなかった。
ので、






葉符「狂いの落葉」!






秋符「秋の空と乙女の心」!






豊作「穀物神の約束」!(違




ということで、改めて、梓川コースへ。






ここらへんはもう、密林って感じ。何が出てもおかしくない。






梓川!青い!透明!すご(落ち着け)






にとりの食べ残し?山ブドウらしいです。
食べれるそうですが、止めときました。






急ぐ旅でもないため、寄れる所は寄っちゃう勢いで、梓川河原へ。






梓川河原。しかし無駄に写真取りすぎだな・・・俺自重。






超河童出そう。






遠方に河童橋っぽいのが見えたため、Let's盗撮っ!






まあ実際は、田代橋だったわけで・・・ある意味正解?だったわけで・・・






穂高連峰図解説。
天狗岩っていうものもあるみたいですね。あややや〜。
私はまともな登山ってしたことないんですが、
いつか登ってみたいものですね〜。






懲りずにもう一枚。これこそは河童橋でしょうっ!












ほら、ね?




東方風神録名所紀行 中編へ(上高地〜諏訪湖)