×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Wind -a breath of heart-



minoriよりWind -a breath of heart-です。


で、早速ですが、とりあえずOPムービーがすごい出来です。

それもそのはず、あの「ほしのこえ」で有名な新海さんが
手がけたムービーらしいんですよ〜。
このOPはほしのこえ以前に作られたものみたいですけど、
やっぱり出来はすごいです。

それで、内容についてですが。


音楽はなかなかいいですね。
特にOPテーマや挿入歌などはかなり好きです。
(まあ、あの綺麗なムービーの効果が結構デカい気はしますけど・・・。)
本編のBGMは特に印象に残ったのはありませんが、作品の雰囲気にあっていたと思います。


システムはいまいちですね〜。
スキップがスキップの意味をなさないですし。
音声が二重に再生されることも多かったですね。
あと、やけに動作が重かった気がします。



で、肝心のシナリオです。

個人的には結構好きな感じの話です。
泣きはしなかったんですが、みなもシナリオ、彩シナリオはよかったです。


一番印象に残ったのはやはりみなもシナリオの問い詰めシーン。
普段、穏やかなみなもが、あそこまで感情的になるというのはなかなか驚きました。
同じような内容のことを何回も口走ったりしてますが、
そこは感情が爆発したというのが如実に伝わってきたので、よかったなと思いましたね〜。

ただ、同じようなことを繰り返しいう、「くどさ」みたいなのは
こういうシーンなら、演出としていい効果を出してると思うんですが、
他の、たとえば緊迫した状況下で、延々と語られると逆に冷めちゃいます。
例としては、みなもが主人公をかばって指されたシーンとか。
今にも死んでしまいそうなみなもを前にして、延々と語る彩にはかなり興が削がれました・・・。
思えば、キャラの心情を全部セリフで表そうとしてるのが、良くないのかもしれませんね。

まあ、そもそもこのシーンは彩の急な態度の変わり方に??な感じだったんですが・・・。
それまで、迷いもなく狩る気満々だったのに、みなもが主人公を庇ったとたん、
優しさを知ったのどうのって・・・。
その前にそういう片鱗を見せていたなら分かるんですけど、これはちょっと・・・。


で、猫の名前がフォルテなのはどういう意味を込めて?・・・?
音楽のやつで、「強く」って意味でしたっけ?


彩シナリオではあの町の謎が解明されるので、プレイはラストにするのがいいでしょうね。
印象に残ったのは、最後の別れのシーンと過去の記憶で、仲の良かった女の子を殺してしまった時の叫びです。
あのシーンは辛いですねえ〜。


ただ最後の彩が消えてしまったあとのみなもとのやり取りはちょっと不満です。
彩が主人公をみなもに託したっていうのは、いいんですけど
彩がみなもなら主人公を託してもいいって思える動機がちょっと弱い気が・・・。
そう思わせるシーンがちゃんと描かれていれば文句ないんですけどね〜。


エンディングとしては望エンドが泣けました・・・。
主人公とわかばの会話から望が本当に精一杯生きていたっていうのが
感じられて、かなり感動してしまいました。


わかばエンドでは3姉妹の秘密が明かされるわけですが、
まさかみなもが長女とは思いませんでした・・・。
だって全然似てないし(笑)
ひなたとわかばが双子だっていうのは誕生日同じなとこで、すぐ分かったんですけど。

ひなたシナリオは・・・とくにコメント無しです(オイ
まあ、こんなもんでしょう。
なんかひなたシナリオだけ浮いている気がするのは僕だけですか?



しっかし全体的にみても、主人公ってあんま活躍しないですよねぇ。
みんなに好かれる理由がよく分かりませんな・・・。
しかも告白されてそのあとHシーンにいくときも、なんか相手にちゃんと好意を伝えてないことが多いような・・・。
結構ヘタレな気が・・・。


総評としては
名シーンはあるが、全体的にはそこそこなゲーム&ムービーが素晴らしいゲーム
って感じでした。

ところで、チューチューっていったい何者・・・??
思わせぶりなこといって結局そのままだし・・・。





そよかぜのおくりもの


ついでに感想をば。Windのファンディスクです。 2枚組みで1枚がDVDムービーディスク。
これには10分程度のアニメとゲームのOP&挿入ムービーが高画質で収録されています。

これは素晴らしいです!

短いなかにもそれぞれのキャラの個性がちゃんと出ていて、
しっかりまとまっています。しかも新OPとED付きです。

ストーリーとしては、彩が消えてしまったあとの風音市。
人々の願い、想いが強くなるクリスマスに
彩が少しだけ帰ってくるお話です。

これだけでも買いかも知れません。

もう一枚のゲームディスクのほうは、
ミニシナリオがメインの普通のファンディスクです。

ミニシナリオは一応ヒロインの5人に加えて紫光院霞の分まであります。
ちなみに全部エロメインです。(笑)
まあ、夢オチが多いんですが、やはり霞のは見ものですね。

DC版では霞シナリオが追加されているようですが、
これみると、やっぱり勤とがお似合いな気がします。