×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

To Heart PSE

今更ながらプレイ。
PS版をPCに逆移植した、PSEでプレイしました。

プレイした感じ、全然古いゲームといった印象はなかったですね。
立ち絵も、イベントCGも多いですし。
途中挿入されるミニゲームなんかもありますし。

攻略対象は・・・なんと10人!
今まで手を出さなかった理由も実はここらへんにあったりするんですが、
実際一人一人のシナリオは2〜3時間で、終わるので、
全コンプしても、長編ノベルゲーよりはよっぽど短かったですね。

シナリオの出来については、キャラ差は激しいものの、概ね良好。
特にマルチ、あかり、志保は良かったですね〜。

ただ、全体的にやっぱり短さを感じます。
エンディングも「え?これで終わり?」って思うことが多々。
まあ、今まで始まりから終わりまでが長い読みゲーばっかり
やってきたからそう思うんでしょうけども。

全体的なシナリオについてですが、なんというか、読ませる文章というよりは、
キャラの魅力が前面に押し出された文章になっていますね。

では、各シナリオについて。





あかり

メインヒロイン。
あかりに限ったことではないのですが、
声優さんがハマってますね〜。

浩之ちゃんはいいやつでした。
自分から幼馴染の関係から脱却しようと行動するところはいいですね。
印象に残ったシーンとしては、やはり、一線を越えようとするところ。
自分の部屋に誘う浩之と、それを不安に思い、一度家に戻ってしまうあかり。
あかりが、戻ってきたときには、幼馴染の関係のままで、いるべきだったんだ、と
自分の中で整理をつけてしまう浩之。





志保

ぶっちゃけあんまり期待はしてなかったんですが(ヲイ
思ったよりもみせてくれました。

自分の親友の恋を成就させようと、
行動するうちに自分の気持ちに気づいていったという志保。
ん〜君望を思い出します。

お互いの気持ちを確認するところも、
すごく二人らしくて、良かったですね。

ラストは特別扱いですか?w
愛か。愛なのか。





芹香

無口な先輩。
や、やばい・・・こういうキャラは・・・やばいって!!
蝶好きかも。

とりあえずセバスチャンがインパクトありすぎでしたw
いろんなとこでネタにされるのもうなずける。

あの消極的な先輩が、浩之のために、
いろいろと無理をするのには、もうやばいです。
ああ、日本語おかしいし・・・。
プールとかホレ薬とか・・・。うぐぅ・・・。

しかし、浩之も変ですよねw
普通、アレは引きますよね。興味ない限り。
やはり、そこが主人公たる所以か。





智子

イインチョ。
このシナリオやってわかりましたよ・・・。
マブラヴってパ・・オマージュだったんですね。
なんつーか、お下げ眼鏡の地味な委員長は、髪を下ろすと蝶美人。
というのの原点なんですな、これが。

とりあえず髪下ろしイインチョに持ってかれました。
そして、声。
やはり関西弁といえばあの人でしたね〜。
こっちが原点なんでしょうけども。





レミィ

ハーフ。
個性的な家族に笑いました。
アメリカへ帰るってとこは、
会話筋からレミィだけ残るって話なのはみえみえでしたが。
しかし11年前に遊んでいた女の子・・・。
Kanonを思い出しますなあ。






スポコン青春物。
葵は素直で一途な後輩といった感じで好印象。
格闘技は少し好きだったりするので、結構楽しめました。
終始爽やかなシナリオでした。





琴音

超能力少女。
んーまあ、無難な流れでした。
超能力をコントロール出来るようになるって話でしたが、
浩之の行動、もう少し考えようがあったのではないでしょうかね〜。





マルチ

メイドロボ。
ついに伝説のマルチシナリオを。
たしかに、秀逸なシナリオでした。
観覧車のシーン、ラストシーン。
涙を誘いまくりです。
伊達に、有名じゃありません。

ただ、これはマルチに限ったものではないのですが、
今まで、泣きゲーにそれなりに触れてきた感じから言うと、
シナリオ短っ!

感情移入は即効で出来る性質なので、そんなに問題はないんですが、
やはりプレイしてきた長編泣きゲーと比べると、一つ一つのイベントの
重さが足りない気がしちゃうんですよね〜。しょうがないことなんですが。

まあ・・・なんだかんだ言っても・・泣きましたけどね!!




理緒

勤労少女。
最初の登場シーンから、印象が大分変わったキャラです。
浩之に対して、緊張しまくっていたのが、
一緒にいるうちに、いつのまにか自然に話せるようになっていく。

そんな流れを自然に描いているシナリオ、かな?




綾香

格闘技チャンプ。
基本は葵と同じ格闘物です。
一週間の間に一発クリーンヒットさせれば勝ち。
そんな勝負の中で深まる絆、みたいな。

しかし、同級だったんですね・・・。
絶対双子だと思ってた・・・。