×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

To Heart 2 XRATED






やってきました。元祖リーフ萌えゲーの続編。
To Heart2です。

PS2版で出ていた通常版はやる気はしませんでしたが、
晴れて18禁化して、PCへ逆移植ってことで、レッツプレイ。

・・・いや、別にエロを期待しているわけではないですよ?


ってことで、早速感想です。

まず音楽。
OPテーマは割と耳につく、知らずに口ずさんでるような曲です。
まあ、ぶっちゃけあまり上手くない気はしますが、
全編アニメーションのOPムービーと相まって、中々プレイ意欲を沸きたてます。
BGMもまあ無難な出来。良くも悪くもToHEART2って感じです。
結構前作のBGMがあったかな?
でもOPテーマのピアノVer.とかもあって中々懐かしかったですね。


グラフィック。
今回は、3人原画家さんがいるみたいですね。
ルーツの人と、うたわれの人とみつみさんですか。

ルーツの人は少し癖がありますけど、
3人の原画家がいる割りには、まとまっている方だと思いましたね。
そんなに違和感はなかったです。
個人的には甘露樹氏が一番好きですね。



んでは、各シナリオ・・・というかキャラの感想です。
一応攻略順です。






このみシナリオ


無難な幼馴染シナリオ。
ぶっちゃけ本当に基本に忠実で、語ることもないくらい王道な話です。

ただ、なんというか、前作と比べるのも良くないとは思いますが、
全体的に主人公の貴明が受動的なんですよね〜、浩之ちゃんに比べて。
ここぞって時にはたしかに活躍はするんですが、
もうちょっといろいろ自分から行動して欲しい感じでした。

このシナリオでも、タマ姉の助けも借りてる感じですし。。

このみ自体は、前作のあかりとほぼ同じ犬チックな幼馴染でした。
まあ、メインヒロインとしては無難・・・かな?
ただ、シナリオは個人的にはもうちょっとひねって欲しかった気もしますけど・・。






タマ姉シナリオ


完璧超人姉シナリオ。
こっちもある意味王道。恋人のフリイベントも用意されていましたw
ただ、キャラが立ちまくっているので、問題ないかな?

とりあえずタマ姉はかなりお気に入りキャラになりました。
元々こういうキャラ好きというのもありますが・・・。
だからゆえにこのシナリオの貴明には、
かなり辟易してしまいました・・・。
流石に 気 付 け と。

まあ、気付いたらシナリオ終わるわけですがw
鈍感過ぎるのもなんかな〜・・・。タマ姉が可哀想で見てらんないですよ。。。

あとは、貴明もタマ姉の気持ちに気付いてから実は俺も〜
みたいな雰囲気が出ててなんか嫌でしたね。
もうちょっとタマ姉に対しての貴明からのアプローチが欲しかったところです。

まあ、キャラ立ちシナリオって感じ?






委員長シナリオ。

頼りないのに頼りたい。
委員長マジックの委員長シナリオです。

こちらはタマ姉と違って、
キャラもシナリオも良い出来となっていました。

委員長も人気あるのが分かりますね〜。あれは可愛いです。
主人公とのやり取りは初々しいというか、
こそばゆいというか、もう身悶えますわw

個人的にはああいう恋人ごっこ→恋人っていう流れは、
あまり好きではないのですが、
終盤の郁乃を絡ませた委員長の背景描写と、
シナリオの展開が中々良かったので、プラスかな?

ラストの演出も良かったですね〜。
委員長の今まで頑張ってきたことへの報いって感じですか。
御都合主義といえばそうですが、ああいう大団円的なオチは好きなんで良かったです。
クラナドの風子シナリオみたいなやつですね。






由真シナリオ

えーとツンデレ?系ヒロイン。

ん〜あまり印象に残ってはいませんが、
ガラス越しで人形同士でキスさせたシーンなんかは、
中々綺麗で良かったですね〜。

ただ、ぶっちゃけ由真の、実は内気・静かな少女設定は必要だったのか?
委員長の親友っていう設定もあまり役に立ってないような・・・。
長瀬一族関連にしても特にそうである必然性が・・・。

ただダニエルだけはガチで笑わせてくれたので良しとしましょうw

一応「夢」がテーマだったような気もしますが、
明確な答えもなく曖昧に終わったしまったような・・・。








るーこシナリオ


不思議(電波)系ヒロイン。そしてその正体は宇宙人。
とはいえ、言動的には電波ですが、性格は至ってまともなんですがね。
普通に良い子です。


個人的には、結構好きなシナリオ。
るーこもめりっさ可愛いし、シナリオも良いので、
バランスが良いシナリオでしたね〜。

他シナリオと比べると、シナリオ的な波もあり、
るーこ以外のヒロインの出番が多いのも面白かったです。
何よりも貴明が貴明らしからぬ行動力を見せてくれたのが大きいですね。
ラストシーンも不意打ち気味のキスで、
不覚にも泣きそうになってしまいました。


いやーやはり全体通してよかったです〜。
普段はウザい花梨も本シナリオでは善人だったしw
ということで、一番好きなシナリオかもです。

で、あとはこのシナリオの解釈ですが、
一応はどのようにも取れる構成になっていますね。

個人的にはやはりモノホンの宇宙人で、
エピローグでは、4回能力を使ってしまった罰として、
記憶を改竄(あるいはフリ?)され、貴明の許婚というポジションで、
再度地球へ転送ということになったんだと思っていますが。
流石に全部をるーこの妄想で済ますよりは、
モノホン宇宙人の方がしっくり来ると思います。


まあきっと銀河連盟かるーに、粋な采配を下した人がいるんでしょうw






姫百合姉妹シナリオ


・・・よもや何も決めないシナリオになろうとはw
双子姉妹シナリオです。

中盤以降から、姉妹の絆っぽいシナリオになっていきますね。
主人公が、蚊帳の外気味なのが気にいりませんが・・・。

イルファさんが出てきてからはそれがさらに顕著に。
ぶっちゃけ珊瑚が、主人公を選んだのも、
偶然助けたからっていうのは弱すぎる気が・・・。
裕二との比較や、人を見る目はあるっていう珊瑚のフォローはありましたが・・・。

個人的には是非ミルファに登場願いたいところだったんですけどw
むしろミルファシナリオとかのが良かったんじゃないのか?

結局珊瑚、瑠璃(+イルファ)とハーレム状態で、
いつか決めるさ〜みたいななし崩しエンドになっちゃいましたが、
これって恋愛ゲーム的にいいんでしょうか・・・。

まあ、そうなると珊瑚、瑠璃の個別エンドが必要になってきて、
シナリオの根幹から作り直しな分けですが。


とはいえ、ラスト辺りの日常描写と、Hシーンは反則ですなw
貴明の気持ちもわからいでか。







花梨シナリオ

オカ研(だっけ?)ヒロイン。

ん〜・・・。
あまり印象に残ってないどころか、
正直ヒロイン的にいらない子扱いをしてしまいました・・・。

というのも、各シナリオで、ほぼ強制的に入らされるオカ研イベントや、
普段の花梨の行動・言動がウザイこと、さらに花梨がオカルトに興味持った理由とかの背景描写もないんじゃ、
シナリオ気に入るわけないやんけー!と声を大にしていいたい。

すいません・・・ダメでした・・・個人的に。







草壁優季シナリオ


幽霊っぽい黒髪・長髪ヒロイン。

主人公と実は昔あっていた系のシナリオ。
+未来を帰る系?

いまいち良くわかりませんでしたが、
優季の転校初日に、主人公の事故を知り、
飛び出したところをトラックに当たりそうになり、
その時の衝撃で、頭部を打ち入院。

その後、未来を換えるために、
優季は、過去の夜の校舎で目を覚ましたってとこみたいですね。

ん〜シナリオの展開としては面白くはありますが、
いかんせん短い。

いくら、過去に会ったところがあるとはいえ、
二人が惹かれあっていく描写がもっと描かれていれば、
評価は変わったかもしれませんね。







久寿川ささらシナリオ

生徒会長シナリオ。

他シナリオでも副長と囁かれていた、
生徒会長シナリオです。
どんなツンデレが出てくるのかと思っていましたが、
全然ツンデレじゃねーよっ!w
勝手に期待してただけですが。。w

というかそもそも、ささらがあの立場になっていることがそもそもおかしい気がします。
他人と交わるのを由としない性格とはいえ、
あの性格と立ち振る舞いで、「副長」と呼ばれるような評価にはならない気が・・・


誤解を受けるにしても違った形になると思うんですがね〜。


このシナリオはさすがに、追加シナリオなだけあって、
ヒロイン総出演って感じでしたね〜。
まさかるーこまで出てくるとは思いませんでしたw

本来なら他のシナリオもこんな感じで、
他ヒロインとの絡みを使ったシナリオ構成にしてくれた方が、
面白いとは思うのですが中々難しいんでしょうか?

んで、ささらシナリオ自体ですが。
兎にも角にも第1にまーりゃん先輩。これに尽きる。

自称14歳・まーりゃん先輩(本名不明)の濃いキャラにはやられましたw
ぶっちゃけ明らかにささらはキャラ負けしてますよw


というわけでシナリオ序盤〜中盤までは、まーりゃん先輩の活躍で、
ToHeart2中でもかなり面白く出来ていました。

反面、シナリオ終盤の学校立てこもりについては、
ちょーっとやりすぎかな〜って感じがしてしまいましたね。
他の解決策はいくらでもあったように思えるんですがね〜。
ちょっとToHeartっぽくなかったかな?








総評

世界観やその他は前作同様。
前作が受け入れられたなら問題ないでしょう。

良い意味でも悪い意味でも、前作を継承している感じです。
ただ、各個人のシナリオ分量はかなりのもので、
そこは前作よりも格段に良くなっていますね。

シナリオの幅は割りと広くなって、
むしろダ・カーポとかに近くなった感じもします。(宇宙人ネタとか)

あとは主人公か・・・。
ここまでいう程悪くはないとは思いますが、
浩之ちゃんの漢っぷりと比べるとどうしてもガキというか、
ヘタレっぽく見えちゃうんですよね〜。
それでも許容範囲だとは思いますけどね。



ところで、まーりゃん先輩シナリオはまだですか?(ぉ