×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シンフォニック=レイン






工画堂より、シンフォニック=レインです。
このメーカーさんはよく聞く名前なのですが、
プレイしたことは一度もなかったですね。

まあ、18禁でない一般ADVを出してるメーカーなので、
あまり情報が入りにくかったからかも知れません。

で、このシンフォニック=レインについては、
レビューサイト等で、18禁ADV名作に混じって、
紹介されていたのがきっかけで、プレイしました。

というわけで、感想です。


以下ストーリー引用です。






雨が止むことなく降り続ける街ピオーヴァは、
音楽家を夢見る若者達が集う、音楽の街でもありました。
クリス=ヴェルティンは、恋人のアリエッタが暮らす生まれ故郷の田舎街から遠く離れ、
彼女の双子の妹トルティニタと共に、街のシンボルである
ピオーヴァ音楽学院に通っていました。

魔導奏器フォルテールの奏者、フォルテニストになることを目指し、
クリスがこの街に来てから2年以上の月日が流れ、季節は冬……。
あと数ヶ月で卒業を迎えるクリスは、フォルテール科の卒業課題として、 一月半ばの発表会で、
歌唱担当のパートナーと共に、 オリジナル曲を合奏しなければなりませんでした。


しかしクリスは、未だにそのパートナーさえ決めようともせず、
ただやる気のない毎日を送り続けていました。
週に一度届く恋人からの手紙と、
この街に引っ越して来たときに出会った部屋の居候、身の丈10センチほど
の小さな音の妖精フォーニが、彼の世界のすべてでした。


 雨――いつまでも、止むことなく降り続ける雨。


雨音が奏でるメトロノームにのせて、魔導奏器フォルテールの音色を響かせましょう。
クリスの奏でる音色と、音の妖精フォーニの歌声が重なり、響き渡る時、
何かが起こるのでしょうか?


……さぁ、妖精の歌を奏でましょう。








と、公式のストーリー紹介。

・・・既に嘘情報がありますがw
全体的に鬱要素が高いシナリオが多いです。


さらにこの作品には音楽が題材のゲームだけあって、
既存のADV部とは別にミュージックパートが用意されています。
これは、作中、演奏の練習などの時に、
画面が切り替わり、ビートマニアなどの音楽ゲームのように、曲を弾くパートです。

時には、低い点数の場合BADエンディングにいってしまうこともあるので、
気は抜けません。

僕は、ノーマルでプレイ時、挫折し、イージーで全ていきましたw
それでもファルの曲は難しかったですね〜。


音楽面では、流石にすごい出来。
ボーカル曲は10曲以上もあり、どれも素晴らしい出来です。


グラフィックは・・・。
プレイ時間に対してCGはちょっと少なかったですね。
絵柄は、ほんわかした感じですか(←分からん)

個人的には結構好きかな?


ではではシナリオ感想をば。







リセルシア・チェザリーニ


小動物系の後輩シナリオ。
真実が二転三転するシナリオでした。
結局、グラーヴェは、最低なヤツで終わってしまいましたね・・・。
コーデル先生がそれほど悪い印象を持っていなかったように見えたので、
てっきり、それほどではないかと思っていましたw


まあ、卒業演奏のあとの展開は予測していましたが。。
。 主人公も嫌な予感してるんですし、是が非でも止めて欲しかったですね。
エンディングは、他シナリオに比べれば少しは希望のある終わり方でした。


といってもハッピーとはとても言いがたいエンドですけどね。。。
グラーヴェにはなにかしらの制裁が欲しいところです。


それと、これは2週目・・・というか、alfineシナリオでの真実が明らかになってから
初めて、効いてきたセリフなんですが、
リセを見舞う主人公に対して、トルタが言った言葉。

「これって、贖罪のつもりなの?」

・・・痛っ!!
リセエンド時には、この台詞は、
「リセをこんな状態にしてしまったことへの贖罪」
だと思った(というかそうとしか思えませんよね、この場合)んですが、
真実が分かると・・・痛っ!!
さらに恐らくクリスと連絡を取っていなかったにもかかわらず
リセが入院している部屋が分かったトルタ・・・。
あの部屋は多分・・・。まあ、CGが同じっていうのは根拠にはなりませんけどねw










ファルシータ・フォーセット


完璧超人・元生徒会長シナリオ。

でも、実はちょっとお茶目なとこもあったり、すごい努力家だったり・・・。

と、ここまでは、よくあるベタなギャルゲーシナリオですが。。。
このシナリオも痛っ!!ってか怖っ!!

「だってわたしはくりすさんのことをあいしているんだから」

とか怖いって!!ある意味最凶キャラです。。。

個別に見ると、エンドはハッピーエンドで終わってるように見えるんですよね。

ファルが欲しかったクリスのフォルテールの才能。
ですが、卒業演奏後では、全てが明らかになった状況で、
それでもファルが好きだと告げたクリスに対して、
本当にクリスという人間に対しての愛情が芽生え始めたんだな〜と思ってたんですね。
笑顔が少なくなった = 本当の自分をクリスの前では見せるようになったですし、
ペンダントを2つに分けて、2人でないと飛べない的演出もありました。

この時点では結構ファルは気に入ってたんですが。。。


しかし、alfineシナリオ後。
改めてこのシナリオの終盤を見てみると・・・。
ファルシータ・・・鬼ですか、あなたはっ!!


確信犯(誤用)かどうかは分かりませんが、
(まあ、アルのことは調べようと思えばどうとでもなるでしょうし)
アリエッタに会いにいこうとクリスを誘ったファル。

・・・彼女は多分、クリスのフォルテールの魅力が悲しみにあると
理解していたっぽいです。さらにエンディング後のあのCG。

ファルエンド時は、幸せそうなハッピーエンドに見えますが。。。
・・・改めて見るとファルがクリスを看護しているように見えませんか?
卒業演奏後、アリエッタに会いに行ったクリスは、そりゃもう凹みます。
・・・そしてその悲しみはフォルテールの音をさらに魅力的にする。


なんかファルはここまで読んでいてアリエッタに会いに行こうとしたとしか
思えなくなってきます・・・。


alfineシナリオ後、怖い → 最凶 へとランクアップしたキャラでした。。。


ファルシナリオでは、アーシノの本性も垣間見ることが出来ます。
ファルにいいように利用された哀れな愚か者ってイメージしか沸きませんでしたが・・・。
しかし、アーシノが、ファルに過去言ったという「気障な台詞」
「薄汚れた翼は それでも 君に似合っていて美しい。」

この台詞はファルの裏の面を知っていることを暗示していますよね。
アーシノはファルの真実を知りながら、なおファルを求めていたのですね。
そう考えると、単なる愚か者判定は可哀想かと。








トルティニタ・フィーネ



双子の妹。幼馴染ヒロインです。
メインヒロインといって差し支えないでしょう。

まあ、双子といえばやはり入れ替わりネタ。
この作品でも漏れなく導入されています。

と、最初から警戒していたにも関わらず、
騙されてしまいましたw
気付いたのが、卒業演奏後にアルの姿をして訪れた時。

正月の時は、全ッ然気付きませんでした。
「へーこれがアルなんだー」みたいな。

確信したのが、列車に乗るまでに、私の名前を呼んでというところでしたね。
ただ、入れ替わり自体はわかったのですが、何故そんなことをしたのか、
その理由はさっぱり分かりませんでした。。。

それはalfineシナリオで明らかになるわけですが。
トルタシナリオは、alfineシナリオでもあるので、続いて感想をば。








al fineシナリオ



で、この作品の肝とも言えるシナリオ。
このシナリオでは、重大な事実が判明します。

ふう・・・。
全くわかりませんでしたっ!!


ていうか、「一年中雨の降り続ける街・ピオーヴァ」って
公式で(↑参照)言ってるじゃないですかっ!!
嘘なら嘘で、↑のあらすじをクリスの独白チックにしなさいよっ!
それなら、矛盾はないやんっ!!


ハァハァ・・・。

Ever17の説明書のときのような気持ちを抱くとは・・・。
恐るべしシンフォニックレイン。




と、少し愚痴を零しましたが、
ここでは嘘(主にトルタの嘘)が殆ど明らかになります。

3年前、アルは事故に会い、意識不明の重体。
クリスはそのときの後遺症で、「雨」が見える体質になってしまいました。


思えば、クリスのやる気の無さも納得です。
辛い記憶を心の奥底に封じ込めてしまったものの、
やはりそこから滲み出るのは、悲しみ。
それこそが、コーデル先生や、ファルに、興味を持たせた
フォルテールの魅力の源だったのでしょうし。


しかし、このシナリオは、トルタの魅力でいっぱいです。
3年間、姉に成り代わって手紙を送り続けるなんて、
並の根性じゃやってけないですよ。彼女の作文能力には、脱帽ですw


ナターレ、2人でカルツォーネを食べている時に、
トルタの普段の努力を知ったクリスが言った言葉、
がんばったんだね、がトルタ視点で、見ると・・・。
うわ・・・切ないですよ〜っ!


ホントにトルタはがんばったんですから。
たとえ、意図しないことであっても、
何もわからないのに言った言葉であっても。
クリスから言われたらそりゃたまったもんじゃないですよっ!


クリスの何気ない言葉一つ一つが、
彼女の感情を揺り動かしていたんですよね。


アリエッタとして、クリスに会いにきた時も、
ホントは名前を間違えただけなんですが、
(といっても、この頃クリスの中でもトルタの存在が大きくなっていたからですが)
それだけで、嬉し涙。・・・てーか、あれは嬉し涙だったんですよね〜。
da capoでは、普通にストレートに受け取ってましたもの。


トルタは、心の中では1年目も、2年目も、
クリスに看破して欲しかったんでしょうね。。。「トルタだろ?」って。

うう・・・切ないです・・・。


というわけで、al fineシナリオは驚かされた面も含めて、
かなりイイ出来です。
このシナリオをプレイすることで、リセ・ファルシナリオも、
深みが出てきます。(ファル様は凶悪すぎですがw)


エンディングは、アルの墓石の前での演奏。
儚く、物悲しいですが、きっと二人はアルの分まで
幸せになったはず、ということでハッピーエンドといってもいいでしょう。


いや、つーかトルタは幸せにしてあげて欲しいですよね〜。








アリエッタ・フィーネ



まあ、このシナリオはあるだろうとは思ってました。
いくらなんでも事故で意識不明の重体のまま、
結局死んで終わりなんて、あまりにも不憫すぎる。。。
何かしらの救済措置はあると踏んでいました。

が、まさかこんな展開になろうとは。。。


まあ、真実は「フォーニはアルであり、アルこそがフォーニだった」わけです。
はっきり言って終盤になるまでフォーニ=アルとは全然気付きませんでした。


終わったあともいまいちよく分からなかったりw
個人的にはちょーっと説明不足に感じました。


とはいえ、感動したのも事実。
卒業演奏のときも、実はまだ確信には至ってなかったりするのですが、
演奏後の拍手には正直泣きそうになりました。


フォーニが全て知っていたことを考えると、これまた切ない。
フォーニは、トルタが嘘を付いていることももちろんわかっていましたし。
彼女が望んでいたのは、もうアルとしてクリスに会うことは出来ないから、
クリスを託してもいい人物が現れるまで、そばで支え続けるってことだったんでしょうね。
その筆頭は、やっぱりトルタ。パートナーにトルタを推薦していたのもここにあります。


あと、純粋な想いとして、「クリスとアンサンブルをしたい」ということも強かったんでしょうね。
それらの強い想い達が、歌の上手な音の妖精「フォーニ」を生み出したんだと思います。









と、各シナリオ感想でした。


鬱要素が多いゲームだと聞いていたのでかなり身構えていたんですけど、
アリエッタエンドは、蝶ハッピーエンドでしたので、全然鬱にはなりませんでした。
たしかにそれ以外のエンドには鬱要素がかなりありますが、
終わりよければ、全て良しってことですよっ!