×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

塵骸魔京







燃えゲー生産メーカー・ニトロプラスより最新作の塵骸魔京です。

前作がちょ〜っとアレでしたので、多少心配でしたが・・・。
結論から言えば良作です。
プレイ後に知ったんですが、
どうやら、同人サークルにて作られていた同名ゲームを、
ニトロ協力の元、商業作品として完成させたって経緯があるみたいですね。

正直プレイ前は、見た目で気に入ったキャラがいなかったですし、
主人公も燃え系ではないようでしたので、そんなに期待はしてませんでした。


音楽に関しては、相変わらず素晴らしい。
全体的に中華っぽい曲が多かったですが、
中でもOPテーマや、EDテーマのいとうかなこさんが
歌う曲はハマりすぎてて、恐いくらいですw

グラフィック面も、かなりの出来。
キャラデザはデモンベインの方と同じ人です。
カットインとテキストの演出や、
戦闘シーンなど、見ていて飽きさせない工夫がなされていました。
CGの絶対数もそれなりの数ですし、使い回しのうまさもあって、
CGの数がかなり多かったように感じました。

で、シナリオですが・・・。

面白い!・・・んですけども、ん〜。
ニトロ過去作品のようなコレは!っていう燃えがなかったんですよね〜。
たしかにところどころ燃えるイベントはありましたが、パンチ力不足でした。

それとシナリオ上の説明不足、伏線未回収が多いのも気になりました。
特にイグニスルートでの説明不足、傘の少女ルートでの伏線未回収判明wとか。
ライナーノーツでも言われていますが、完成に向けてかなりシナリオを
端折ったり、設定を変更したりと紆余曲折あったみたいですね。
しかしそれは少なくとも、プレイ中、ユーザーに悟られてはいけないのでは・・・。

あとテキストについてですが、
主人公の特性によるところもありますが、
結構クドい・・・というかダレてくるのも否めません。
ニトロにしては珍しくギャグが豊富だったのは良かったんですけど。

シナリオは3つに別れます。
共通ルールは序盤のみですので、ボリューム的はかなりあると思われます。


しかし、ルートによる管理人の風子(仮名)に対する対応の差とか、メルクリアーリの行動とか、
結構なんで?って思うところはありました。ファンタスティカの素性も不明のままでしたし・・・。
あと、シナリオの伏線とか謎の多くが序盤で提示されるわけですが、
それらの回収がそれぞれのルート終盤にて回収されるのはどうにも。
3つのルートに共通部分が少ないのは良いことですが、出来る限り
そのルートで出た伏線は、そのルートで回収・解明して欲しいというのは、
プレイしている身としての希望なんですよね〜。僕個人としてのですが。
なによりプレイ時、プレイ後の爽快感を、阻害しちゃうと思うのです。


あと、このゲーム基本的に、完全な悪がいないのが、
燃え分や爽快感が足りないとされる所以なのかも。

わだつみの民も、メルクリアーリも、神鷹でさえも、
己の信念や、一族の運命のために戦っています。
片や、イグニスルートなどで行った主人公の行いは、
不特定多数の人間を危険・死に至らしめる行為ですし・・・。
どっちが悪役やら・・・。

考え方としてはそっちの方が好きですけどね。
世界より一つの愛。不特定多数の他人より、一人の大切な人。
誰も世界のためになんか戦いやしませんって。




個人的には

シナリオは管理人>風子>イグニスですが、
キャラ的には風子>イグニス>管理人って感じでした。
・・・いや風子とかはまるっきり好みから外れてるんですけどね・・。
ニトロにしては珍しい裏表もない真っ直ぐなキャラだったものでw

しかし最後に管理人ルートやったから良かったものの、
恵は絶対死んでしまうキャラなのかと思いましたよ。
作中一番幸せになって欲しいキャラでした。

まあ、ヒロイン以前に、峰雪とか田中さんに燃えでしたけどね。
やっぱニトロは脇キャラがいい味出してます。
どうにか恵には峰雪に振り向いてやって欲しいものです。無理でしょうがw

主人公としては、ん〜どうだろう。
思ったよりは全然いいヤツではありましたが、
同系統と思われるハロワの友永和樹と比較すると・・・。
って、それは厳しいですかね。