×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fate/hollow ataraxia







Type-moonよりFateのファンディスク、ホロゥアタラクシアです。
発売日も遅れず、しっかりと作ってくれました。

明記ではファンディスクと謳われていますが、
その実、並のゲーム以上のテキスト量と濃いシナリオ。
流石、業界屈指のメーカーですね。


今回も、以前の月姫ファンディスク、歌月十夜と同じく、
同じ日々を繰り返しイベントが増えていくシステムとなっています。
ボリューム的にはかなり盛りだくさんです。
元々キャラも月姫よりもずっと多いですし、
補完すべき部分は山ほどありましたから、かなり楽しみでした。

ではでは、早速感想といきます。

まず、一番最初に目に付くのはやはり演出効果。
Fateの頃も一枚絵のアップ&スクロールや、キャラの遠近などで、
中々に楽しませてくれましたが、今回は、それをさらに超えた演出で、大満足でした。
コロコロと変わる表情、立ち位置、震え、ジャンプ、スクロールなど数多くの演出で、
キャラの動きがまるでアニメーションのように分かります。
ノベルゲームにおいて、およそ予想出来る演出としては、最高峰のものだと感じました。
逆にこれ以上のコミカル演出がノベルゲームで可能なのか、疑問に思うくらいです。
作業量もとんでもなく大変だとは思いますが、
これこそノベルゲームでしか実現できないテキストと立ち絵のコラボレーション演出ですね〜。

次に音楽ですか。
前作では、全体的に悪くないものの、パッとした曲がないのがネックでした。
今回も大体そんな感じではあったんですが、メインシナリオではグッとくる曲がありました。
(階段昇る時のカレンのテーマとか)
段々音楽も質が高くなってきた気がしますね。


で、シナリオの感想です。

まずは、全体的な日常シーンの感想。
基本的にはファンは満足のいく内容であったかと。

ギャグ8割、シリアス2割って感じでバランスも良かったですね。
フィィィィィッッシュ!とか最高に笑えましたしw
とはいえアーチャーの出番は今回かなり少ないです。。。
まあ、かなりサーヴァント達のキャラは壊れていますが、
ファンディスクなんでこのくらいは許容しても良いかと。

補完して欲しかった部分は十二分に語ってくれてますので、満足です。
葛木の過去や、サーヴァント達の過去話。
キャスターとライダーはかなり出番も多く、人気急上昇でしょうなあ。

あとランサー兄さんもギャグ面、シリアス面双方で活躍。
メインヒロインといっていいバゼットに絡んでくるキャラですし今回かなりのキーキャラ。
言動、行動鑑みて、やはりランサーはカッコイイですね。

シリアス面では、キャスターと葛木宗一郎の話は泣けますねえ。
また、セイバーなんかも学校のイベントは切ないものがありました。

ギャグ面では、多少すべってるような箇所もありましたがw 概ね満足。
ただ、ライターさんの違いなのか(今回は奈須氏の他に二人ライターさんがいましたね)
多少?な部分もありました。ん〜どこが奈須氏でとかいうのはちょっと明確には分かりませんが、
日常部分でちょっと違和感を感じたのがそうだったのかも知れませんね。

最初は凛がイギリスへ出張中でしたので、
まさか凛のイベントないのかっ!?と思ってちょっと焦りましたw
イギリスから帰ってきてからは凛のアイコンは速攻でチェックだったのは秘密ですw
相変わらずいいツンデレだ。
宝箱の中の未来(?)の凛も是非拝んでみたかったところですw

セイバー、桜もそれぞれのファンには満足出来る内容の
イベントがそろっていたのではないでしょうかね。
まあ、個人的にはぶっちゃけ桜の出番もっと減(ry
セイバーはやはりというか完全にハラペコキャラに・・・w
ちょいとその方面のギャグが食傷気味でしたねえ〜。
学校イベントみたいな、儚い雰囲気を漂わせたセイバーが好きなんですが・・。

イリヤに関しては、本編で不遇だった割にはイベントが少なかったですね・・・。
ポストさっちんの道を着実に歩んでる感じです。。

3人娘とタイガーはちょっと出番多すぎてウザかったかな?
面白かったですけど、ちょっと出すぎではないだろうか・・・。
あ、美綴はいいっすねえ。照れて赤くなってる立ち絵とか。


で、メインシナリオの方です。
このファンディスクの本当の主人公はアベンジャー、アンリ・マユ。
士郎と対になる存在でもある反英雄。

シナリオ中で何回も示唆されていたこの世界に1人だけいる「偽者」というのは、
他ならぬ士郎となった(士郎という概念に影響された?)アンリマユの事だったわけですね。

カレンとの絡みでのみ、士郎の口調がアンリマユみたいになっていたので、
かなり違和感を感じていましたが、本当にアンリマユだったとは・・・。

メインシナリオは、このアンリマユと、
そのマスター、バゼット・フラガ・マクレミッツの物語。
そこに言峰の娘(と思われる)カレン・オルテンシアが介入します。

聖杯戦争中に、言峰に騙され、ランサーを奪われ殺された(かけた)、バゼット。
死の間際にアベンジャー、アンリマユと契約し、ホロゥの世界を構築。
アベンジャーは衛宮士郎という概念に影響される。
(元々無であったアンリマユなので、この後は、全て士郎の人格がベース?)
繰り返される4日間だけの聖杯戦争。
この間、バゼットはアベンジャーによって仮死状態に留められていた。
朽ちかけていたバゼットの肉体を、教会へ赴任してきたカレンが保護。

バゼットは真実に気付いてしまった後は、現実世界に戻るのを拒絶し続ける。
士郎の概念に影響されたアベンジャー・アンリマユは、バゼットを現実世界に引き戻すため、
偽りでもあり真実でもあった日常を捨て、バゼットを説得する。


と概要的にはこんな話でしたか。

まあ、こうするとカレンってもしかしていらない子だったり?
いや、そうするとバゼットが助からないか・・・。
ん〜まあ、アンリマユの心境に変化を与えたのは、
日常シーンとカレンの成果だったんだろうからいいのかな?
個人的には士郎の決意と、本当のアンリマユが出した結論が、
あの世界からの脱却とバゼットを助けることだったんだと思ってますけど。

カレンといえばやはり出た、言峰の娘。
しかし年齢いくつなんだ・・・? かなり若いと思うんですけど・・・。
もう一人のヒロイン・バゼットも言峰に惚れていましたし、
今回の裏のキーマンは言峰ですね。

カレンはFateでは珍しい毒舌キャラ。普段は大人しいんですが。
しかしもうちょっとイベントが欲しかったですね。
流石に教会イベントだけじゃ寂しいです。
Hシーンも陵辱染みたものでしたから可哀想ですし。

シナリオ本編でのアンリマユとの絡みや、
月への階段でのエスコートなんかは結構グッとくるものがあって良かったんですけどねえ〜。

ラストの影の化け物達との決戦は、なんだか昔のジャンプみたいな(w
展開でしたけど、中々熱かったですねえ〜。
つか、やはりアーチャー&凛のコンビはいいですわ。絵になる。
あの影の化け物達は、5日目を迎えることが出来なかったアンリマユの成れの果ての姿でFA?


で、あとは後日談で大団円。ってな感じな訳ですが、
ここで問題が。

私的には、冒頭、セイバーの姿を見た士郎が浮かべた涙、
セイバー学校イベントでのセリフや、最初で少し触れた、聖杯戦争の顛末、
キャスターと葛木の聖杯戦争時の話などを鑑みると、
このホロゥアタラクシアの世界は、セイバールート(あるいは+α)後
の設定であると考えていました。

となると、現実世界では、セイバーは元の時代に戻り、
葛木宗一郎は死亡、ランサー、キャスター、アサシンは消滅。
アーチャーも消滅しているはずです。
(ライダーはその後の桜の問題があったので微妙?)

そしてそれでこそ、セイバーやキャスターのセリフが活きてきます。

しかし後日談では、繰り返された4日間、
ホロゥの世界はそのままに5日目を迎えているようです。
これは、この後日談すら夢のような出来事なのか、ちょっと分からないですね。
他のサーヴァント達が現界出来るだけの魔力は残されていないと思いますし・・・。

まあ、もしかしたら誰も死ななくてサーヴァント達も現界出来て、
聖杯だけぶっ壊したっていうご都合ルート後の後日談なのかも知れませんけど・・・。
それってセイバーのアイデンティティを崩すんじゃないでしょうか・・・。
少なくともセイバールートのセイバーが現代に残る事を選択するはずがありませんし・・・。

基本的には、Epilogueで語られたバゼットの目覚めと、屋敷に訪れる士郎と凛の描写、
あれが、現実の物語であり、後日談はファンサービスのようなものなんだと認識してます。
(でなかったら、後日談で士郎と凛がバゼットと初対面なのもおかしな話ですし)

と、まあ後日談には少々疑問が残りましたが、
反面、これからの展開にも期待出来る気がします。
(これ以上タイプムーン的にFate関連のゲームが出るとは思えませんが)
2人のヒロインが追加され、サーヴァント達も現界していますし。
そういう意味では後日談が正史でも構わないんですけどね・・・。
その辺りは2次創作で、補完されていく事でしょうw


さて、総評とさせてもらいますと、
根っからのFate,タイプムーンファンだぜ!!って人にはほぼ満点のファンディスク。
俺はFateのシナリオが好みだっただけだ!キャラは二の次よ!って人にはちょいと微妙。

な内容だったのではないでしょうか?
上記以外の人はそもそもプレイしない方がいいかとw
私的にはほぼ前者寄りなので満足。

あとは戦闘シーンに期待してた人は、ちょっとがっかりかも知れませんね。
バゼットVSセイバー、ランサー、士郎&セイバーVSアーチャー、影の化け物VS愉快な仲間達
と、真っ当な戦闘はこれくらいでしたからねえ・・・。
VSアーチャー戦は相変わらず燃えましたが。
僕はこういうノリと、Fateのキャラが好きですから満足したんですけども。
強いて言うならば歌月十夜のような短編集みたいなものがあったらいいなあ〜とは思いました。
4回目の聖杯戦争はかなり見てみたかったんですけどね〜。

ん、そういえば3回目の聖杯戦争に参加したらしい
エーデルフェルト姉妹が出てきたのはなんだったんだ・・?
キャストが凛、桜、セイバーだったのは、現・冬木町で相応しいキャストを選択してのこととしても、
何故3回目の聖杯戦争・・・?
アベンジャーが聖杯に取り込まれたのは3回目の聖杯戦争でしたね。。。
本来はアベンジャーの知る、3回目の聖杯戦争を繰り返すつもりだったが、
士郎の人格に影響されることで、5回目の聖杯戦争の再現にすり替わってしまったとか?
ああ、だからハサンが小っさい爺Ver.になってたのか・・・。
ってか、ずっと勘違いしてた・・・orz