×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひぐらしのなく頃に解 
皆殺し編


ついにアニメ化まで決定された、
連続殺人ノベル、ひぐらしのなく頃にの解答編・第3弾です。

前回の「罪滅し編」にて、ほぼオカルト一切関係無しの、
完全推理物の線は消えました。

とはいえ、僕は理詰めで推論を立てたりしているわけでもなく、
きっとこうなんだろう、とかこうであったらいいなとその程度の考察しかしていないので、
個人的には全然問題ありませんでした。
世界がループしているとかそういう話はむしろ好きな部類ですしね。

そういう意味では、結構賛否両論だったらしい「罪滅し編」でしたが、
今回も中々評価が分かれそうです。。。

今回はジャケットにもあるように、梨花ちゃんが主役の話となります。
+Koolこと我等が前原圭一ですね。



んで、まあ率直な感想からいってしまいます。

面白かった・・・のはたしかなんですが、
ちょいと結末というか真相がなんかな〜と。
あれだけ引っ張った割りにはやけにあっさりしてる感じがしました。

展開そのものはすごく良かったです。
基本的には梨花と圭一の視点が切り替わって進んでゆきます。
前半の沙都子を救うまでは、ほぼ圭一が主人公ですね。

今回はいろいろな偶然が重なって良い方向に進んだ場合の、
「祟殺し編」といったところでしょうか。
魅音に人形を渡せたり、レナの家庭問題も解決し、
詩音と沙都子の仲も良好な世界。
また、問題解決のために誰も殺人を犯さなかった初めての世界です。

正直、沙都子一人を救うために、村全体が動くなんてあるのかなあ〜とか
野暮なことを思ったりもしましたが、
そのあたりは、圭一の人望ということで、どうか一つ。
全編通して一番カッコイイ圭一でした。
今回、圭一の選択にミスは殆どなかったでしょう。

後半は、梨花視点による、解答編といっていい内容。
希望と絶望を味わいながらも運命に抗うことを決意する梨花。
仲間とともに自分が死ぬという運命に立ち向かいますが、
今一歩というところでやはり殺されてしまいます。

きっと次回では、大団円が待っているはずです。。。


羽入という新キャラがいきなり出てきた時は流石に驚きましたが。
あれは本当にオヤシロ様みたいなものなんでしょうか?
前回のTipsで梨花ちゃんが解離性同一性障害なのかと思いましたが、
あれは羽入だったわけですね。

今思えば、鬼隠し編や、目明し編で、聞いたペタペタ音や、
祭具殿のドタンバタンという音は羽入の音だったのかもしれません。
どうやら末期症状の人間には羽入が見えやすいようですし。



と、ここで一応整理しちゃいます。
恐らく次の作品で、このひぐらしのなく頃にという物語は、完結すると思われますが、
今回の「皆殺し編」で、ほぼ全ての謎が解明されました。
ある意味では、真の首謀者が判明する、本当の解答編といっていいと思います。

怪しいワゴン車や、男達は、鷹野の部下「山狗」だったようですね。
恐らくは、連続殺人事件にもいくつか関与しているはず。
最初のバラバラ殺人事件や、大臣子息誘拐事件などは、
山狗の手によることは明らかにされていました。

鷹野の死亡時刻のズレは案の定、偽装殺人。やはり鷹野は生きていました。
鬼隠し編から疑ってはいましたが、まさか捻り無しで来るとは・・・。
ちょっと意外でしたね〜。

富竹ジロウは、毎回鷹野の命により、殺害されていたようですね。
その死亡原因は、「雛見沢症候群」の急性発病を誘発するH173という薬によるものでした。

その他、全編で残った謎も殆どが、山狗や羽入の存在によって説明が付きます。

結局、全編共通の「敵」は、鷹野三四とその部下・山狗のみといっていいでしょう。
部活メンバーどころか、村人や警察にすら悪意を持った人間はいなかったんですねえ。。。
それがささいなスレ違いや勘違いで、それぞれの事件を起こしてしまう。
「雛見沢症候群」という病気が主な原因ではありますが、疑心暗鬼と被害妄想は恐ろしいものですね。

今回の皆殺し編はタイトルや、次回で完結という背景からも予想出来るように、
部活メンバーが全員、鷹野に殺されて、バッドエンドで終わってしまいます。

しかしバッドエンドで終わることが分かっていても、
沙都子を救い出した時の団結や、梨花の運命に抗うという決意、
部活メンバーの仲間への想い、そしてそこに至ったプロセスを考えると、
悔しくなりますねえ。。。このあたりかなり感情移入しています。
本当にあともう少しで、大団円を迎えられたはずなのに、と。

きっと次回は大団円が待っているはず。
途中までは今回の皆殺し編をなぞり、
結末は、鷹野を真犯人として逮捕し、山狗達も一網打尽。
そんなシナリオであること期待していいんですよね〜・・・多分。


しかし、赤坂は新グラフィックを携えて再登場したくせに・・・何で出てきたのかわからんですなw
彼の活躍も次回に期待。ぶっちゃけ山狗20人に子供達が勝てるわけがないですしね。