×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

月は東に日は西に


オーガストより、通称はにはにです。

プレイのきっかけは、なにかの雑誌で、
2003年度エロゲー1位だったのを見たから、という物凄い安直な理由です。

では、早速シナリオ感想。

攻略順です。
一応各シナリオクリア時点の感想です。





美琴

むう・・・ただの学園モノで終わらず、
一ひねりきました。

美琴は100年後の荒廃した世界から来た人間でした。
未来は致死性のウイルスが流行り、残された数少ない人間だけが、
やっと開発された時空間転移装置で、現代に来た、と。

とりあえず謎が残りました。
祐介=直樹なのはわかりますが、
何故二人に分かれてしまったのかが謎ですね。
他のシナリオで明らかになるのでしょうか。ポイントは5年前?
5年前に二人に分かれて、一人は未来、一人は現代に来たって感じっぽいですが・・・。
元々「直樹」だったのか「祐介」だったのか・・・。


しかしこうなると、他のヒロインの中にも未来から来た人がいそうです。
ひょっとすると全員ってこともありうるかも。
とりあえず恭子さんがそうなのは明言されましたが、
あと、新任という結先生もそうっぽいですね。
新任のはずなのに、恭子さんとやけに仲がいいのが気になってましたし。




保奈美

メインヒロインって・・・保奈美ですか?
美琴より作りが豪華だったように思います。

こちらのシナリオでは、美琴シナリオで明らかになったことは
全て語られている上に、5年前の事件についても明確にされます。
元々直樹だったものが2人に分かれたってことみたいですね。
それは、時空転移装置の実験段階での事故が原因だったようです。

さらに保奈美シナリオでは、直樹と祐介は融合することを決めます。
ここの流れはなかなかグッときました。
融合することによってどのようなことになるか分からない。
今までの5年間の記憶を失うこともありえた融合。

まあ、最終的には美琴との5年間の思い出も持った直樹になったわけですが。
ご都合主義っちゃあそうなんでしょうが、やっぱりハッピーエンドですよね。

そういえば、結先生もやはり100年後から来た人ということが明言されていましたね。

さて、今のところ残る謎は・・・何故二人になったのか?
ここは結局語られない可能性もあるような気はしてきましたが・・・。

それと、直樹の両親ですね。
彼らは事故以来、存在自体が確認されていません。
どうなったんでしょうか・・・。




ちひろ

声がイイ!

じゃなくって、ええと
ちひろもやはり100年後からきた人間でした。
今更ですが、寮生は全て100年後から来たんですかね〜。

このシナリオでも、未来についての一応一通りの説明はされますね。
茉理シナリオと多分被ってるっぽいシナリオです。
途中まで二人のシナリオで、どっちか寄りの選択肢で進むことで、
分かれそうです。

このシナリオでは、ウイルスの特効薬が、
ちひろの体験と努力によって発明されます。
青いフォステリアナ。その種。

しかし、それによって訪れる主人公とちひろの別離。
なかなか綺麗な終わり方だったと思います。
まあ、ベタですが・・・。




茉理

・・・くぅ
持ってかれました。
大体メインヒロイン中1人ぐらいは、
ウイルスに掛かっちゃうのがいるんだろーなとは、
思っていましたが・・・まさか茉理とは。

そこからは王道的な展開ですが、
やはり辛い、悲しい。
日記のところは流石に泣いてしまいました。

ちひろシナリオをやる前だったら、
結局なんで病気が治ったのか分からないままだったんでしょうね〜。

そういえば、このシナリオでは、ウイルス・マルバスのことは語られますが、
未来のことについては、伏せられていますね。

しかし、感染する可能性のある祐介を出歩かせるのは、
不祥事どころの問題ではないような気が・・・。
下手すれば、現代の人類さえも滅亡させてしまう可能性があるというのに・・・。






う〜ん、こうきましたか。
最初に人間でないことが明らかにされて、
色んなことに納得してたんですが、
ラストでやっぱり人間だった、と来るとは。
とすると、あの背とかは自前ですか。

フォーマット前の1時間はグっと来ましたね〜。

さて残すはあと一人。
しかし、結先生シナリオやってて思ったんですが、
直樹って・・・まさか人間・・・じゃない?とか?
恭子シナリオでそうきたらすげーです。




恭子シナリオ

今度は直樹が感染してしまうシナリオでした。
むう・・・まあ、悪いシナリオではないんですが、
最後に回してしまっただけに拍子抜けというか。

恭子シナリオについていうことではないですが・・・。
結局直樹の両親はどうなったんじゃあ!
フォロー無しですか、そうですか。






おまけ

全5種。ギャグシナリオです。
美琴のは、ドラえもんのパクリというかオマージュってやつですね。
元ネタ知ってたのでオチは見えてましたが笑えました。
やはりドラえもんは偉大ですw






総評

いい出来だと思います。
エロゲーとしての魅力は十分に詰まった作品です。

音楽は並ですが、OPテーマは作中の携帯着メロと
合わせて、耳に残ります。

グラフィックの面ではかなり良好です。
絵も、特に癖もなく受け入れられやすいと思いますし、
何よりイベントCGがかなり多いです。
また、デフォルメキャラのほのぼのイラストCGもいい感じですし。

でもって問題のシナリオ。
良くも悪くも、王道学園恋愛物。
+αとして、SFチックなエッセンス含み。

まあ、泣きもキャラによってありますし、
個別ルートも、なかなか長く楽しめます。
が、共通ルート(一部個別ルート)の日常描写が
まったりしてまして、ダレてきます。
時間がある人専用なゲームかも知れませんね〜。